スキップしてメイン コンテンツに移動

黄金比を見るためのカメラ「ゴールデンカメラ」をリリースしました。



ゴールデンカメラをリリースしました。

アプリ名はなんとなく付けました。




「黄金比黄金比と言いつつどこにそれが見出だせるのか」問題に取り組んだアプリです。
プレビューは上の画像のとおりですが、保存される写真は普通の写真で、白黒でもなければ線も入ってません。

既に標準カメラアプリに三分割構図のための線が惹かれていたり、シャープのアクオスZETAでズバリな内蔵アプリがあったりしているわけですが、色々考えた挙句、敢えてリリースしました。


事の発端は一週間前、ぼんやりとこんな自問自答をしたことに始まります。

「カメラは誰でも撮れるようになって、写真も綺麗に撮れるようになって、背景の後ボケもソフトウェアで生成できるようになって、フィルターエフェクトも当たり前になって、頑張って上手く撮ろうとする意味って何だろうね。」

 →美しい数字のリズムを見ることかな?


「『黄金比で上手な写真を撮ろう』って言うけれど、ちっとも黄金比が見えてないブログ記事は何だろうね。」

→ありのままを見るだけでは法則が見つからないかも?お、一部単語が流行に乗ったぞ!


「アンリ・カルティエ=ブレッソンは『ファインダーに装着すれば、理想の透視図線が見えるなどというガラス板が写真屋で売られるような日が来ないことを願う。』と著書に書いたけど、来ないことを願った日は、いつか来るよね。」
 →Google Glassかな?スマホもそうよね。


"もやもや"っとしながらも、今週末に早速OpevCV for Androidでアプリ開発をスタートしました。
今も"もやもや"っとしてます。結局勢いで作っただけです。

技術的には、黄金比を描画するための座標を求めるところで躓いたり、画像の保存でアスペクト比が変(壊れてる?)とかOutOfMemoryが止まらないとか、doubleをintの分母分子で掛け算したら0になる(プププ)とか、画像処理以外のことで9割時間を喰われてました。


あと、別途インストール必須なOpenCV Manager。このManagerアプリが面白い。システム屋的ナイス発想で、CPUの種類ごとに適したプログラムを持ってきてくれるためにアプリに要らないライブラリを入れておく必要がなく、アプリサイズを大幅に小さくすることができるのです。(何十MBがKB単位になります。)

ただ、「システム屋的ナイス発想」というのは、非エンジニアにとってはごっつイライラするのが通例で、OpenCV Managerも例外なくGooglePlayページではコメント欄がパニック状態。落ち着けよベイベー達。

そんな状況を尻目にお構いなくOpenCV Managerを使ったゴールデンカメラをよろしくです。

コメント

このブログの人気の投稿

アンドロイドアプリのアイデアを一挙公開します!煩悩の数だけ108個+!!

「アンドロイドアプリのアイデアを100個、ついでだから108個出します」という取り組みをした時に出したアイデアを公開します。※当時は2011年です。

あんまり深く考えずに出しているので一発ネタが多いのですが、何かしらのヒントになれば幸いです。

ご自由にお使いくださいm(__)m


No001 幼児向け絵本(あるいは知育玩具系アプリ)
押すと動く、音が鳴るなどの組み合わせなので良いのでは?android機の買い替え時期になれば需要はある?

No002 熱中症アラート
今年の夏は冷房が止まったりするので、温度センサーや天気予報のデータなど合わせて状態を表示する。おねーちゃんが脱いでも良い

No003 ボウリング
地質調査のヤツ。位置情報系WEBサービス。時系列データを地層として扱う。データを埋める人、掘り返す人によって遊ぶ。出会い・王様の耳はロバの耳的な用途

No004 鈴ウィジェット
ジャラジャラうるさい。モーションセンサー使用。熊除けにはなる。

No005 商品陳列ゲーム
パンを陳列棚に並べるゲーム。在庫は前の方に寄せたりしないと減点されてしまう。やってる間にお客が買っていくのでそこも埋めないといけない。

No006 エア家庭菜園
ペットじゃない。野菜育成ゲーム。照度センサーを使うので、日に当てないと腐る。とりあえずお前が外出ろと促すためのアプリ。

No007 エア出発進行
スマホを電車のマスコンハンドルに見立てて操作し、走行音を出す。お前だけ出発できるよ的な。

No008 山崎○ンのアルバイトゲーム
永遠とサンドイッチにきゅうりを3つ置き続けるゲーム。
社員がやってきて「はい、ヤ*ザキパン!」と言ったらあのロゴボタンを早押しする。

No009 まだジュースあるでしょAR
コップに入った残り僅かなジュースを満タンに表示するARアプリ。グズる子供に困った親御さん向け手品アプリ。

No010 豪華な晩餐AR
たとえテーブルにカップ麺一つでも、ARを通せば中世貴族かよというくらいの豪華な食事が並ぶアプリ。昔、木で彫ったアジの開きを見ながらお米だけ食べて豪邸立てたサラリーマンがいました。※二回目はお金を泥棒に盗まれてました。

No011 音+ビジュアル
○△□を書くと異なる楽器でビートする

No012 セキセイインコ
常駐して勝手に言葉を覚えて喋ってしまうスゲー迷惑アプリ

No013 電気機関車峠…

スマホを間接照明に変えるアプリ「スマホでキャンドル」をリリースしました。

キャンドルライトのような揺らぐ光を、お手持ちのスマートフォンで再現する「スマホでキャンドル」をリリースしました。

画像は、100均で買った花柄の包装紙を筒状に加工して、「スマホでキャンドル」を起動したスマホに被せたものです。

光がほんとうのロウソクのようにゆらゆらと揺れて、雰囲気がいい感じです!おしゃれショップに売ってそう!

クリスマスの飾りとしてもスマホが大活躍しそうです。

アプリはこちらから!>>スマホでキャンドル - Google Play の Android アプリ

神棚アプリに灯籠機能が登場しました

【バージョン3.0.0 更新内容】
・灯籠

一定の条件を満たすと灯籠が表示されるアップデートを行いました。
いつもお使い頂いていることに感謝の気持ちを込めて、朝も夜も見たくなる神棚アプリにしました。

いつもご愛用ありがとうございます。今後も神棚アプリをよろしくお願い致します。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gmail.mrt.another